サプリと医薬品の違い | 精力の減退?「ゴクシュラ」を使って改善させよう!
内服薬の画像

サプリと医薬品の違い

ゴクシュラを服用することによってEDの症状や更年期障害にも効果があるとされていますが、病気を治す…ということだから薬じゃんねーと思っている人もいると思います。が、これは医薬品ではありません。サプリメントです。
さて、医薬品とサプリメントというのは別物です。ではその違いについてについて説明出来るでしょうか?

医薬品というのは、人や動物の病気の予防や治療を目的としたものであり、効能や用法、副作用など品質や有効性、安全性について調査が行われた結果、正式に厚生労働省から許可を受けたものです。
これに対してサプリメントというのは、毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素を補うことを目的とした、健康に必要な要素の補充に特化したもの…という認識で間違いはないと思います。ゆえに、病気などの治療目的というよりは予防するためのものという感じでしょうか。
また、医薬品は使用した直後から効いて来るというものが多いですが、サプリメントは月単位でじっくりと効果を得られるようになるという感じになっており、体質変化という言葉が合うかもしれません。
医薬品はすぐに効くかわりに急激な変化を身体にもたらしており、それが副作用として出てしまうというのはご存知かと思いますが、時間をかけて効くというところからサプリメントによる副作用というのはほとんどありません。
一見同じように見える医薬品とサプリメントですが、こういった違いがあるのです。