ジェネリック医薬品のこと | 精力の減退?「ゴクシュラ」を使って改善させよう!
器に入っています

ジェネリック医薬品のこと

ジェネリック医薬品というのは、要するに「新薬と同じ効能のものが安価で利用出来る医薬品」です。ある有名な医薬品があったとして、しかし高くて手が届かない…生活費をけちって薬買って…意味ねーなんていうとき、発売からしばらく経つとその新薬のジェネリック医薬品が登場します。今まで手が届かなかった欲しかった効能の医薬品が格安で購入することが出来るわけです。カップラーメン生活ともお別れです。ジェネリック医薬品に詳しくはないという人も、「安く買える医薬品」という認識はあった人もいると思います。でも、これってなんでかご存知ですか?

このからくりは、ジェネリック医薬品というのが後発医薬品だからです。それに対して新薬というのは先発医薬品といわれています。つまり最初に作るのが新薬、ジェネリック医薬品は後から作るという違いがあるのです。後から作るということは、既に前例があるため簡単に作ることが出来ます。実際、新薬というのは何もないところから作るために9~17年という期間と500億円という費用を必要としています。それに対しジェネリック医薬品は3年と1億円で済むのです。
そのため売値安くして売れるわけですね。

しかし、メリットはそれだけではありません。こんな経験はないでしょうか?薬が大きすぎてのどにつっかえる、苦くて飲むと泣きそうになる。これらは特にお年寄りや子供にとっては大きな問題だといえます。しかし、ジェネリック医薬品は大きすぎるのなら小さくして、苦いのなら甘くするなどの変化を加えて販売出来るのです。もちろん効能に変わりはないのです。